海外移住

【マジで】2020年は海外に移住するために行動していきます。【行くよ】

2011年に結婚して2012年に起業して、そこからなんとなく生きていたら3年くらいボーっとしていることに気づき、

これはまずい、なにか新しいことを始めなければ!」と思ったのですが、

気が付いたらそこからさらに5年も何もしないまま過ごしてしまいました。

さすがにこれはまずい。

というわけで今年からはちゃんと動きます。

といっても特にやりたいこともないので、無理やりでも生活に変化をもたらすために、海外にお引越しをすることにしました。

海外に移住するために必要なこと

私はアメリカを3ヶ月間放浪していた経験があるのですが、1人でスラム街をウロウロするのと小さな子どもと妻を連れて海外に行くのでは事情が全く違います。

まーなんとかなるっしょ!」なんて若いノリは通用しないわけです。

というわけで、最低限、海外に引っ越すための事前準備として必要な項目をリストアップしてみました。

  • ビザ
  • お金
  • 国(場所)えらび
  • 英語力

とりあえずこんなもんでしょ?合ってる??

準備1:滞在するためのビザ

移住で一番ネックになるのが「ビザ」とかいうわけのわからないものですよね。

そもそも海外に定住するために必要な認可証みたいなやつ。

アメリカとか欧米に行くならグリーンカードがどうたらってんで大変なんだろうけど、私が今のところ候補にしているのは東南アジアとかそのへんなので、多分大丈夫だと思われる。

もちろん国が決まったらちゃんと調べるけれど、フィリピンとかマレーシアとかなら数百万円をその国の銀行に預けるだけで滞在ビザもらえるらしい

ニュージーランドとかになるとまたちょっと複雑になるんだろうな。

準備2:生活するためのお金

一般的に一番ネックなのがお金ですよね。海外だと言葉が通じないから、就職するのにも一苦労だし。

とりあえず私の場合は、今まで働いたお金を貯めてあるので、ハワイとかサンフランシスコとかバンクーバーとか物価がアホみたいに高い国に行かなければ死ぬまで暮らせると思う。

投資にアホほどつぎ込んだり、現地で盗賊に身ぐるみ剥がされたりしなければの話だけれど。

準備3:どこに行くか、国選び

これなんですよね~。

私と妻だけだったら気軽にどっか行って、

「なんかちがったね」

とか言ってすぐに日本に帰ってきたりできるんですが、なんとこちとら7歳と4歳のおチビちゃんたちがいるものでして。

「なんか思ってたんとちがったからやーめた」みたいな軽いノリでは行動できないわけです。

治安の件もあるし、いろいろな観点からしっかり選ばなければ。

とりあえず国選びで考えなければいけない選定要素を下記にまとめてみました。

要素1: 物価

いくらなんでもハワイやサンフランシスコなど、「ランチが1人5000円です~☆」みたいな国ではやっていけない。

日本よりも物価が安くまでとは言わないが、せめて日本と同程度くらいの物価までに収めたい。

そうなるとやはりフィリピン、マレーシア、タイ、ギリギリでニュージーランド、くらいだろうか。

要素2: 利便性

「都会がいい」とまでは言わないが、やはりなんにもない場所に住むのはつらい。

私の妻はアメリカのニューメキシコ州、ギャロップというアメリカ屈指の田舎町(というか砂漠)に1年ほど住んでいたが、当時の話を聞くとその悲劇の生活に涙が出そうになる。

妻には悪いが、私はそんな生活はごめんだ!

要素3: 治安

「日本ほど治安のいい国はない」ってよく聞きますよね。完全に同意です。

でも、まぁ、いかに海外に移住するとはいえ、好き好んで危ないところには行きたくないっす。

ある程度日本に近い感じで住めるところがいいっす。

要素4: 言語

これはもう決まり。英語が共通語。これは外せない。

今さら英語以外で喋れとかムリっす。ムリっす。

英語でもぶっちゃけムリっす。

要素5: 日本人受け入れ感

これも大事ですよね~。

変に差別とかされなくないし、子どもたちにもそんな経験させたくない。

まぁ人種が違うから大なり小なりはあると思いますが、せめてフレンドリーな場所がいい。

2020年から2021年で移住できるように進めていきます

上記のことをしっかりと調査しつつ、コロナウイルスが落ち着くのを待ってから移住しようと思います。

それまでに自分が調査以外に出来ることとして、英語力、特にリスニングを鍛えておこうと思います。

アメリカを放浪していたときもそうだったんですが、私はこちらの意志がちゃんと伝えられるんですが、相手の言ってることが分からなくてそこで会話が終わってしまうんですよね。

リスニングは日本に居ながらでも身に付けられるので、この1年の間に字幕なしで映画を観れるくらいにはなれるようがんばります。

ちなみに、上でも書いたように私はアメリカを西から東に3ヶ月間放浪して、その間に警察に銃を向けられたり雪山で野宿をして死にかけたりしたのですが、それについてはnoteで詳しく書いています